光陽学館の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイラル学習で完全習得!

一日の生活イメージ

光陽学館の授業は、コース毎に設定された年間カリキュラムに従い、学校より速い進度で進んでいきます。例えば中1・中2の場合、日々の先取り学習/定期テスト対策授業/夏期・冬期講習の学習/学校の授業などを合わせると、1つの単元を年間計4~5回反復学習することになります。また、学習内容の定着度や課題の実行状況により補習が課され、理解不十分の箇所をさらに復習できるのです。この「スパイラル学習」により、学習内容の定着を図ります。

さらに、使用するテキストもスパイラル学習に最適!体験学習イメージ

2016年春より使用されている新しい教科書に完全対応しています。
新しい教科書は、学習内容の増加だけでなく、さまざまな知識を習得、探究、活用させる仕掛が盛り込まれています。光陽学館で使用するiワークは、見やすい図と分かりやすい解説で教科書学習をサポートします。
 また、学校の定期テストの出題傾向を徹底的に分析して作製されているので、テスト頻出問題も充実しており定期テスト対策に有効です。さらに、基礎の定着を確実にするための演習はもちろん、公立高校入試を見据えた標準~応用レベルの問題まで、幅広い問題をバランスよく取り入れています。章や分野ごとに【まとめ】問題を挿入し、既習の項目を体系的に整理させ、習得させられるように工夫されており、スパイラルに演習を繰り返し、基礎基本を定着させます。